岸田文雄首相、ワクチンの3回目接種は12月開始を想定 「全額公費負担で行う」

岸田文雄首相の所信表明演説に対する各党代表質問が12日、衆院本会議で行われた。
岸田氏は、公明党の石井啓一幹事長の質問に対し、新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種について「全額公費負担で行う」と考えを述べ、迅速に接種を進めていく方針を示した。接種時期は、早ければ今年12月からの開始を想定している。
また、国産経口薬の開発の支援や確保も進め、コロナによって影響を受けた事業者や、非正規労働者、子育て世帯への給付金支援も行うと表明。「総選挙後に速やかに徹底していけるようにしたい」と改めて強調した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする