飯塚元院長のコメント=池袋暴走

飯塚幸三・旧通産省工業技術院元院長が12日、関係者を通じて発表したコメントの全文は次の通り。
先日の裁判の判決に従い、東京地方検察庁から呼び出しがあり、本日、収監されることになりました。
このたびの刑事裁判では、事故当時の私には踏み間違いの記憶がなかったため、被害者とそのご親族の方々に心苦しくも無罪を主張させていただきましたが、提出された証拠および判決文を読み、暴走は私の勘違いによる過失でブレーキとアクセルを間違えた結果だったのだと理解し、控訴はしないことにいたしました。亡くなられた松永真菜様、莉子様のご家族ご親族様と、おけがをされた被害者の方々には深くおわび申し上げます。私の過失を反省するため刑に服してまいりたいと思っております。また、この事故で多くの方々にご迷惑をおかけしましたことをおわびいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする