体調崩す「寒暖差疲労」とは 「コロナストレス」で増加も?

11日に比べて、12日はぐっと肌寒くなった。
気温で見ても、東京都心では、11日午後1時は28.7度、真夏日1歩手前を観測したが、同じ時間の12日の気温は20.8度で、およそ8度の気温差。
こうした季節の変わり目に注意が必要なのが、「寒暖差疲労」というもの。
寒暖差疲労とは、気温差が大きいと起こるもので、体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまって、結果、倦怠(けんたい)感や肩こり、頭痛に気分の落ち込みなどの症状が出てしまうという。
リンナイが全国の2,350人を対象に行った最新の調査では、こうした寒暖差疲労のような症状で体調を崩したことが「ある」と答えた人が、およそ7割。
せたがや内科・神経内科クリニックによると、特に2021年は寒暖差疲労になる人が例年よりも多くなる可能性があるという。
理由の1つには、新型コロナウイルスの影響があるということで、コロナ禍、部屋の換気が重要と呼びかけられているため行うが、その度に室内に寒暖差が生じて、寒暖差疲労になりやすいという。
今後、暖房を使うと思われるが、1枚上着を用意しておいて、換気に臨むといいそう。
そして、長い自粛生活による運動不足やストレスで、自律神経が正常に働きにくくなっていることも、寒暖差疲労に影響してくるという。
夏の暑さ、冬の寒さが苦手という人、こうした気温の変化に弱い人は寒暖差疲労になりやすい傾向があるという。
防ぐためには、耳たぶストレッチというものがあるといい、耳たぶを水平方向に引っ張って、5秒くらいしたらぱっと離す。
これを数回繰り返すと、血行もよくなってくるという。
耳が痛くない程度に上下に動かしたり回してもいいそうだが、耳周りの血流を良くすると、肩こりも緩んで、自律神経を整える効果が期待できるという。
ぬるめのお風呂に長くつかるのも効果的だという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする