あす(水)も東北南部中心に冷たい雨 週末は高い山で雪の可能性も?

あす(水)も東北南部中心に冷たい雨 週末は高い山で雪の可能性…の画像はこちら >>
あす(水)も東北南部を中心に雨が降り、肌寒さが続くでしょう。週末はこの秋一番の寒気が流れ込み、東北の高い山では雪の降る可能性があります。
あす(水) 南部を中心に雨の降りやすい天気 肌寒さ続く

あす(水)もきょう(火)と似たような気圧配置で、南部を中心に前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。特に福島県では雨の降る時間が長く、午前中ほど雨脚の強まる所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。一方、北部では青森県や秋田県で晴れ間があるでしょう。岩手県は雲が広がりやすく、沿岸部を中心に弱い雨の降る所がありそうです。外出には折り畳み傘があると安心です。最高気温は南部や太平洋側沿岸で気温が上がりにくく、あす(水)も20℃に届かない所が多い予想です。昼間でも上着が必要なくらいの肌寒さが続くでしょう。ここ最近は気温の変動がかなり大きいため、体調管理に注意して下さい。
15日(金)は南部で夏日 17日(日)~18日(月)は高い山で雪の可能性

14日(木)は広い範囲で晴れ間があるでしょう。15日(金)は南から暖かい空気が流れ込むため、日差しの届く南部で25℃以上の夏日となる所がありそうです。昼間は動くと汗ばむ陽気となるでしょう。16日(土)~17日(日)は低気圧や前線が東北地方を通過するため、広く雨が降る見込みです。一時的には本降りとなる所もあるでしょう。この低気圧や前線が通過した後、17日(日)午後から18日(月)にかけては上空1500メートル付近で0℃以下の寒気(降水があれば高い山で雪が降る目安)が東北南部付近まで流れ込む予想です。高い山では雪の降る可能性があり、初冠雪の便りが届くかもしれません。【※初冠雪の平年値 八甲田山(青森県)10月19日、大平山(秋田県)11月7日、岩手山(岩手県)10月13日、月山(山形県)10月20日、蔵王山(宮城県)10月28日、吾妻山(福島県)10月26日】また、車で峠道を走行される際は、路面状況の変化に注意して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする