新Amazon Mastercardは、プライム付与のゴールドなし コンビニで1.5%還元

アマゾンジャパンと三井住友カードが発行するクレジットカードがリニューアルし、11月から「Amazon Mastercard」「Amazon Prime Mastercard」の提供を開始する。いずれも年会費は無料で、Amazonの利用で1.5~2%のポイントを還元するほか、コンビニエンスストアでも1.5%を還元する。

Amazonプライム会員には「Amazon Prime Mastercard」を、非会員には「Amazon Mastercard」を提供する。両カードの違いは券面デザインとAmazon利用時の還元率で、「Amazon Prime Mastercard」の場合、2%を還元する。

従来提供していたAmazon Mastercardのクラシックとゴールドは9月中旬に新規受付を停止した。ゴールドカードは年会費1万1000円だが、年額4900円のAmazonプライムが付帯していた。新カードではこれがなくなる。

旧カード保有者には、有効期限内は現在のカードを利用できるようにし、有効期限後は新カードを送付する。ただし、旧ゴールカード保有者は、Amazonプライム会員である限り、新カード到着後もAmazonでの還元率は2.5%のままとする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする