池袋暴走事故 飯塚幸三元被告が過失認め収監 遺族の松永拓也さんコメント全文「最初からこの言葉があれば」

2019年の東京・池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告(90)は12日、東京地検に出頭し「暴走はブレーキとアクセルを間違えた結果だった」と初めて自らの過失を認めるコメントを発表した。その後、東京拘置所に収容され、今後は刑務所に入る手続きが進められる。
事故で妻・真菜さん(当時31)と長女・莉子ちゃん(同3)を失った遺族の松永拓也さん(35)が報道各社に向けてコメントを発表した。
コメント全文は以下の通り。
「本日、加害者が収監されたとの報道がありました。今回のマスコミ向けの彼のコメントでは、過失を認めたようですが、『最初からこの言葉があれば』と、どうしても思ってしまいます。これから真の意味で償える日が来るかどうかは彼次第だと思います。
ただ、彼が収監されても、世の中から交通事故が無くなる訳ではありません。私は真菜と莉子の命を無駄にしたくありません。皆様にも忘れないで欲しいです。そして、未来の命が守られることを心から願っています。
なお、数社より、彼からの謝罪の有無に関しての問い合わせを受けました。今回の彼のコメントに謝罪の事が書かれてはいますが、そこには、公になっていない部分もあります。そのため誠実さを感じることはできませんでした。
一方的に手紙を送ってきたこともありましたが、その内容は事務的なもので、民事裁判の席であれば謝罪するが、そうでない限り、謝罪をしたくないご意志のようでした。
彼の刑事判決後の言動によって受けたショックと疲弊が大きいため、今回はコメントのみの発表とさせていただきたいと思います。ご理解賜りますようお願い申し上げます」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする