小室圭さん きょうから外出可能 結婚控え眞子さまと再会は? 警備も増強…自宅前ソワソワ

秋篠宮家の長女・眞子さまは武蔵陵墓地を参拝し、昭和天皇に小室さんとの結婚を報告された。
一方、隔離期間が終わった小室圭さんの自宅周辺では帰国後初めての外出に向けて警備が続いている。
雨の中、沿道に集まった多くの人たち。そこへ、沿道からの呼びかけに手を振って応じられた秋篠宮家の長女・眞子さま。
沿道に集まった女性「見えました! すごいきれいでしたよ! 涙が出ました!」、「にこやかなお顔でホッとしました。幸せになってもらいたいね」
12日午前10時ごろ、眞子さまは小室圭さんとの結婚を報告するため、東京・八王子市の武蔵陵墓地を参拝された。
グレーの参拝服にマスク姿の眞子さま。
曽祖父母にあたる昭和天皇と香淳皇后が眠る陵墓にゆっくりと進み、深々と拝礼された。
今回の参拝は儀式ではなく、眞子さまの希望により行われた。
お相手の小室圭さんは、9月末にニューヨークから一時帰国。
10月11日で隔離期間が終わり、12日から外出が可能になる。
午後4時ごろ、警察官が集まり交通整理などの相談を行っていた。
近隣住民「何かワサワサしてて警察官とかSPの方も人数が増えていると思います」
眞子さまは、いつ小室さんと約3年2カ月ぶりに再開されるのか。12日の眞子さまは公務が重なる多忙な一日を送られた。
武蔵陵墓地への参拝を終えると、午後2時からはお住まいの隣にある赤坂東邸でブラジル政府からの勲章贈呈に臨まれた。
これは日本人の移住110周年にあたる2018年にブラジルを公式訪問された貢献に対してのものとなる。

「これまでの親密な日本、ブラジルの友好関係が深まることを願います」と述べられた眞子さまにブラジル大使は結婚を祝福する言葉を贈った。
その後、眞子さまは秋篠宮邸で、紀子さまと佳子さまとともに全日本ろうあ連盟の創立70周年を記念した映画「咲む」を鑑賞される予定。
とはいえ、10月26日の結婚までは残り2週間。時間の余裕はない。
宮内庁担当・宮崎千歳記者「アメリカで新生活を送られることになると思いますので、いわゆる引っ越しの準備というのも必要になってくると思います」
小室さんは母親の元婚約者との金銭トラブルの対応に自らあたるのか。そして、秋篠宮さまにあいさつをする機会はあるのか。
さらに、結婚に向けた手続きや会見、そして新生活への準備などさまざまな動きが想定される。
宮内庁担当・宮崎千歳記者「そのような準備をここから本格的にお二人で進めることになるのではないかなというふうに思います」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする