東京8区撤退の山本太郎氏「今回の選挙をあきらめたわけではない」

次期衆院選(19日公示、31日投開票)の東京8区からの出馬を撤回したれいわ新選組の山本太郎代表が12日、埼玉・東武スカイツリーライン新越谷駅前で街頭演説し、報道陣を含めた聴衆からの質問に答えた。
東京8区への立候補を巡って、山本氏と立民の枝野幸男代表の発言に食い違いがあったことに関して、立民から謝罪や説明があったのか問われると、「もうここに関してはいいです。もう次にいかなきゃ。もめてる場合じゃない。いったんこれを終わらせよ」ときっぱりと答えた。
また、自身の選挙区については、「だって越谷で出るっていったらまた越谷の皆さんに怒られるじゃないですか」と笑いをとり、「なかなか難しいですよね選挙区。立候補する権利というのはすべての人に担保されている。それに関してなにか言われることではない。けど野党共闘していくと決めた限りは一定の配慮は必要になってくるんだろう」と野党共闘の姿勢を改めて強調。
「そう考えたときに慎重に選ぶべきだと思っている」とした上で、「今回の選挙をあきらめたわけではない。私は出ます。それをまだ発表してないだけです」と断言した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする