「100%賛成」の声も 財務次官“寄稿”波紋

経済同友会の桜田代表幹事は、財務省の矢野事務次官が、月刊誌で新型コロナウイルスの経済対策をめぐる論争を批判し、財政再建の必要性を訴えたことについて、「書いてあることはその通りだろう」として、「世界で最も多くの政府負債を抱えている国を、このまま放っておいていいはずがない」と述べた。
経済同友会・桜田代表幹事「あそこに書かれていることについては、ほぼ100%賛成です」
矢野次官は、8日発売の「文芸春秋」に寄稿し、最近の政策論争について、「ばらまき合戦」だと批判していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする