大阪市職員13人が賭博参加 仮想馬主ゲームで内部調査

大阪市は12日、水道局の技能職員5人が日本中央競馬会(JRA)の競走馬の仮想馬主になって賭博をしたと… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする