110番後に住宅全焼=50代夫婦か2遺体発見―出火前、男に娘襲われる・甲府

12日午前3時50分ごろ、甲府市蓬沢の井上盛司さん方の木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。出火直前に井上さんの娘が室内で不審な男に襲われた上、現場付近で血痕のような物が見つかったことから、山梨県警は同日、現住建造物等放火容疑で南甲府署に捜査本部を設置し、男の行方を追っている。
県警によると、遺体は連絡が取れなくなっている井上さん夫婦とみられる。井上さんと妻は50代で、娘の10代の姉妹と4人暮らし。火災直前に「泥棒が入った」と姉から110番があった。
午前3時半ごろ、2階にいた妹が言い争う声を聞き、1階に下りたところ、男と鉢合わせたという。男から逃げようとした際、背後から襲われ、頭部打撲のけがをした。県警は何らかの凶器が使われたとみている。
姉妹が2階のベランダから外に逃げた後、火災が発生した。2人は市内の病院に搬送されたが、命に別条はない。男は10~30代の短髪で中肉といい、妹は「知らない人」と話している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする