振り込み後「騙されてバカめ」と言われ被害知る…“還付金ある”などとウソの電話 男性が現金騙し取られる

区役所の職員を騙る男から「医療費の還付金がたまってます」などとウソの電話がかかり、愛知県豊橋市の60代の男性が現金63万円をだまし取られる事件がありました。

現金を振り込んだ後、男性に「騙されてバカめ」という電話があり、事件が発覚したということです。

警察によりますと、9月14日午後2時半ごろ、豊橋市に住む60代の男性の自宅に、区役所職員を名乗る男から「医療費の還付金が2万3000円くらいたまっている」などと電話がありました。

さらに、金融機関を名乗る男から「近くのATMへ行って還付金を受け取る手続きをしてください」などと電話があり、男性は電話の指示に従って商業施設内のATMを操作し、現金およそ63万円を振り込まされ、騙し取られたということです。

また、振り込んだ後、男性に金融機関職員を名乗る男から「騙されてバカめ」などと電話があり、騙し取られたことに気付き警察に相談しました。

愛知県と岐阜県では14日、同じような手口による特殊詐欺が多発していて、警察は「ATMの操作で還付金は受け取れません」「携帯電話で話をしながらATMを使っている方を見かけた場合は、一声かけて警察に通報してください」などと注意を呼び掛けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする