トヨタ、新型車カローラ クロス発売 シリーズ初のSUV

トヨタ自動車は9月14日、新型車カローラ クロスを発売した。メーカー希望小売価格は199万9000~319万9000円。シリーズ初のSUVで、すでに海外市場では販売していたが、日本市場へは遅れての導入となった。

1966年に誕生したカローラは現在、世界150以上の国と地域で販売され、2021年7月にはシリーズで5000万台のグローバル累計販売台数を達成した。

シリーズ初のSUVであるカローラ クロスは、「新空間・新感覚 COROLLA」をコンセプトに、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費を両立した。

視界の高さを確保しつつ、頭上空間にもゆとりを設け、どの席に座っても、街乗りからロングドライブまであらゆるシーンで快適に過ごせる室内空間を実現した。

前席は、SUVならではの高いアイポイントに加え、細いフロントピラーとスッキリしたインストルメントパネルにより見切りが良く運転のしやすい空間とした。乗り降りのしやすさにもこだわり、後席には大きく開くリヤサイドドアを搭載した。また、リクライニング機能をリヤシートにも設け、高い居住性と快適性を備えた。

その他、オプションとして電動ロールシェードで日差しのコントロールができるパノラマルーフを設定した。

ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルとなる487リットルを実現。後席を倒すとさらに広いスペースを確保でき、ロード

バイクの搭載が可能となる。

荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわった。ラゲージ開口部は地面から720ミリの高さに設定し、小柄な人でも楽に荷物の積み下ろしができるようにした。また、Zグレードには、カギを携帯した状態で、リヤバンパーの下に足を出し入れするとバックドアを開閉できるハンズフリーパワーバックドアを標準装備した。

また、同社の純正用品であるカローラ クロス専用設計の収納ボックス「ラゲージアクティブボックス」を使用すると、荷物を車外から見えない状態で収納できる他、ふたを閉じるとラゲージの床面をフラットにして荷室空間を活用できるなど、荷室アレンジを可能とした。

エクステリアは「アーバン・アクティブ」をコンセプトに、SUVらしいデザインを採用した。アッパー部のガラス面やフロント・リヤのランプには、「伸びやかなデザイン」を施した。バンパー部のデザインとのコントラストによって、都会的かつ堂々としたプロポーションを演出した。外板色には全8色を設定している。

インテリアは、インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインを採用し、広がりを感じられる室内空間とした。また、室内照明には全てLEDを採用している。フロントシートには、スリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを標準装備した。

クラストップレベルの低燃費と、アクティブでスムーズな走り
ハイブリッド車とガソリン車は、ともにカローラ クロスに最適化した1.8リッターエンジンを採用。また、ハイブリッド車ではクラストップレベルとなる1リットル当たり26.2キロを達成した。またE-Fourを設定し、加速時や雪道など滑りやすい路面での安心した走行を実現しつつ、低燃費にも貢献している。

同車にはGA-Cプラットフォームと、軽量かつ高い剛性を持つボディ骨格を取り入れ、車高の高さを感じさせない軽快で安定した操縦性を備えた。またエンジン音やロードノイズを低減する吸音素材を最適配置し、静かで快適な車内空間を実現した。

足回りでは、フロントサスペンションにマクファーソンストラット式を採用。リヤサスペンションは、2WD車に新開発のトーションビーム式を採用し、大型ゴムブッシュと合わせることで凹凸した道でも路面をしっかりと捉える走りを実現した。また、E-Fourにはダブルウィッシュボーン式を採用。アーム類の取り付け位置を最適化したことで安定性と応答性を両立させた。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2メートルとした。

安全性能としては、最新のToyota Safety Senseを全車に標準装備した。またパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG、Xを除く全グレードに標準装備した。さらに、障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートを設定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする