コカ・コーラ奨学生の募集開始 – 地球・環境資源に係る学問をする人が対象

コカ・コーラ教育・環境財団は9月6日、2022年度奨学生の募集を開始した。募集は10月31日まで受け付けている。

同財団では、国際社会が求める青少年の育成、また地域社会を支える人材の育成に貢献するため、人物・学力共に優れ、かつ向上心に燃えながらも経済的な理由により、大学への進学が困難な事情にある高校生の進学を目的に奨学支援事業を開始。返済義務のない給付型奨学金の支給を行ってきた。これまでの支援者数は、過去55年間で計2,427人にのぼる。

昨年度より、コカ・コーラシステム全体として取り組むべき新たなサスティナビリティー戦略が策定されたことを受け、また国際社会共通の目標であるSDGsの推進を図るために、同財団の奨学支援事業についても環境分野、特に地球環境・環境資源の領域の向上に寄与する人材を育成することを事業方針とした。

それに伴い、新大学生向けの奨学金では環境問題への取り組みとして、「飲料容器に使用される資源(ペットボトル、プラスチック、アルミ、鉄、びんなど)」「水」「温室効果ガス」「再生可能エネルギー」いずれかの地球・環境資源に係る学問を学ぶ人、興味のある人を対象としている。

選考課題として、新大学生向けの奨学金では、これらの項目から特に関心の高いトピックを選択しその内容を論述し、さらに進学先の大学で学びたい内容について選択したトピックとの関連、関係性含めて論述するという、2つの課題に取り組んでもらうという。

応募には、アカウント(ログインIDおよびパスワード取得)が必要。同財団の奨学支援事業のホームページにある「登録フォーム」からもアカウント登録ができる。アカウントは、10月18日まで登録可能。第1次選考(書類)・第2次選考(原則オンライン)を行い、奨学生として内定した旨は、本人に通知するとともに推薦した高等学校長または大学長あてに通知する。

奨学金の給付金額は、大学生は月額2万円、大学院生は月額4万円。給付人数は、大学生が20人、大学院生は10人。奨学金は在学期間(大学もしくは大学院における正規の最短修業年限まで)支給される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする