コーギーに容赦ない!『お手競争』で人間側が圧勝したら、この反応

コーギーの小次郎くんと暮らす、飼い主(bokukojiro)さん一家。
ある日、飼い主さんは小次郎くんと、どちらが早く『お手』をできるかの競争をすることにしました。
指示とともに差し出される手に、小次郎くんは反応するのですが…。
お手競争に負けてすねる犬。
「ぼ、ぼくもできますよ」とばかりに前脚を伸ばしますが、人間側の圧勝!
連敗した小次郎くんは、途中ですねてしまいました。床に伏せると、いじけた様子で撮影者を見つめます。
その姿が、多くの人の笑いを誘いました。
・すね方が天使。かわいい。
・笑った。コーギーと張り合わないで。
・小次郎くん、おててが短いからぁ!
・勝ち誇った『ドヤ顏』で、小次郎くんのほうを見るのが好き。
・手加減なしのバトル、嫌いじゃない。
・犬って本当に表情が豊かだな。
きっと小次郎くんは、この後たっぷりと飼い主さん一家からかわいがられて、機嫌を直したことでしょう。
いつか飼い主さんのスピードに勝てる日がくるかもしれないので、これをきっかけに頑張ってほしいですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする