東国原英夫氏、自民党総裁選で野党にもチクリ「与野党間の駆け引きには辟易する」

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が15日までに自身のツイッターを更新。17日に告示が迫った自民党総裁選(29日投開票)について私見を述べた。
この日、「自民党総裁選。岸田氏も高市氏もコロナ経済対策で定額給付金や早期の臨時国会召集で追加の経済的対策(数十兆円規模)等にも触れている。野党も提唱していた」とつづった東国原氏。
「ならば、総裁選の前に臨時国会を召集し、国民の為に何故早期のコロナ経済対策を打てなかったのか。与野党間の駆け引きには辟易する」とチクリと批判していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする