69歳受け子と車で移動し詐欺繰り返す 暴力団幹部の男ら逮捕

車で移動し、特殊詐欺を繰り返していたとみられる暴力団幹部と69歳の受け子の2人が、警視庁に逮捕された。
指定暴力団稲川会系組幹部の荒井圭祐容疑者(35)と無職の小林仁容疑者(69)は、2021年5月、埼玉県の80代の女性からキャッシュカード2枚をだまし取り、現金100万円を引き出した疑いが持たれている。
2人は、同様の犯行を関東を中心に、10件以上繰り返していたとみられ、荒井容疑者の運転する車に乗り、小林容疑者が被害者宅を訪れていたという。
荒井容疑者は、容疑を否認しているが、小林容疑者は「毎日といっていいほど犯行のために移動していた」と供述している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする