SBI証券、NECと共同でインサイダー取引審査業務にAIを導入

SBI証券は9月14日、日本電気(以下NEC)と共同でインサイダー取引の審査業務にAIを導入、2022年度より運用を開始すると発表した。AIを活用することにより、審査業務のさらなる高度化、効率化に取り組むとしている。

SBI証券は19年12月に「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」を導入し、相場操縦取引に対する審査の高度化を進めるなどDXによる不公正取引の監視や防止を強化してきた。20年度から実証を行い、判定理由を明示した上で高精度にインサイダー取引の疑い度合いのスコアリングを実現し、一次審査にかかる時間を約90%短縮できると確認した。

SBI証券が保有する数年分のインサイダー取引に関するデータや重要事実データなどを学習したAIモデルを生成し、インサイダー取引の疑い度合いをスコアリングすることで審査業務を支援する。

これにより、一定の基準をもとに抽出した取り引きデータから不公正取引の疑いのある取り引きを絞る一次審査の効率化が可能となる。また人間では気づきにくいリスクをAIが検知、可視化することで新たな視点から不公正取引の防止に寄与することも期待できる。

NECは同取り組みの成果やノウハウを生かし、「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」にインサイダー取引に対応した新たなメニューを加え、22年度より提供開始の予定としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする