元警察官、二審も死刑=妻子3人殺害―福岡高裁

福岡県小郡市で2017年、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われ、一審福岡地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けた元県警巡査部長、中田充被告(43)の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。辻川靖夫裁判長は一審判決を支持し、被告側控訴を棄却した。
控訴審で弁護側は「外部による犯行の可能性がある」などと改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求めていた。
辻川裁判長は、3人の死亡推定時刻に第三者の侵入の形跡がないことなどから、自宅にいた被告が犯人と判断した一審の認定は「不合理ではない」と述べ、弁護側の主張を退けた。
その上で、「3人を殺害した刑事責任は誠に重大で、死刑選択はやむを得ないとした一審判決は是認できる」と述べた。
判決によると、中田被告は17年6月5日深夜から6日未明にかけ、小郡市の自宅で妻由紀子さん=当時(38)=と長男涼介君=同(9)=、長女実優さん=同(6)=の首を絞めて殺害した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする