救急車妨害疑いで書類送検=会社員「サイレンうるさい」―秋田県警

緊急走行中の救急車などの前に立ち止まり走行を妨害したとして、秋田県警は15日、道交法違反容疑で秋田市の20代会社員の男を書類送検した。「サイレンの音がうるさく、嫌がらせしたかった」と容疑を認めているという。
送検容疑は5月8日~7月31日に計6回、秋田市内の道路上で、緊急走行中の救急車や救助工作車の前方で立ち止まるなどして走行を妨害した疑い。
県警秋田中央署によると、男は横断するそぶりで路上に立ち入り、救急車などの前に数秒立ち止まったという。妨害による搬送患者の容体悪化や、救助活動への影響はなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする