清原博弁護士、池袋暴走・飯塚被告の控訴しない方針に「刑務所に入ってしっかりと向き合ってほしい」

15日放送のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・午後1時55分)では、冒頭で東京・池袋で2019年4月、暴走した車に母子がはねられて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、東京地裁で禁錮5年の実刑判決を受けた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)が控訴しない意向を固めたことを速報した。
番組では、飯塚被告がNPO法人の理事長に伝えたとされる「遺族に対して本当に申し訳ない。裁判所の決定に従い収監を受け入れ罪を償いたい」というコメントを紹介した。
電話出演した清原博国際弁護士は「そういう風になったと私も願いたいですね。わかりませんけれども、裁判の判決を読みましたが、かなり証拠を緻密に分析して無理がなく被告に過失があったと判断しておりますので、もう控訴しても勝ち目がないような状況だと飯塚被告もわかっていると思うんですね。もしかしたら判決に不服は残っているのかもしれませんけれども、控訴しないという意向を固めたらなら、罪を償うということですね。刑務所に入ってそこだけをしっかりと向き合ってほしいなと思います」と語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする