東京の新規感染者数1052人に井上貴博アナ「マスコミ含め人流抑制ばかりで思考停止に陥ってしまうのが怖い」

東京都は15日、新たに1052人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。都の基準による重症者は198(14日は208人)となった。死者は20人(14日は14人)だった。
前日の1004人から微増も前週の水曜日の1834人から減少した。TBS系「Nスタ」(月~金曜・午後3時49分)では、井上貴博アナウンサーが「下げることができています。週平均で見ますと、(8月第3週の)4700人台というのがありましたけれども、ここをピークにしまして、ぐっと減らすことができました。ワクチンが普及する前はやはり人流を止めるということに主眼が置かれた政策でした。今、ワクチンがある程度、普及してきた中で本当に人流抑制のみに頼っていいものなのか。海外ではロックダウンしても検査陽性者が増えているというケースもあります」と報じた上で「われわれマスコミの報じ方も含めて、人流抑制ばかりにいっていると思考停止に陥ってしまうのが怖い。対策をしっかりと行いながら、ワクチンもありますし、さまざまに総合的にと感じています」と続けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする