小泉・石破・河野3氏で“小石河連合”に…最大派閥・細田派に“挑戦状” 野田聖子氏は出馬へ最終調整

少し緊張した面持ちの石破元幹事長(64)。15日午後4時ごろ開かれた派閥の会合で、自民党総裁選挙に出馬しない考えを伝えた。
石破元幹事長:河野太郎氏を支持することと致します。多くの国民の皆さま方のお声に応えるためには、改革を志す勢力が二分することなく一致すべきである。
同じく河野氏の支持を表明している小泉環境相(40)。「自民党をぶっ壊す」と言った父親譲りの姿勢で、最大派閥に“挑戦状”をたたきつけた。
小泉氏は14日、自民党の最大派閥・細田派が岸田前政調会長と高市前総務相の支持を決めたことにこう反撃した。
小泉環境相:今日も最大派閥の方から「高市さんと岸田さんを支持する」という発言があったと私も聞き及んでいますが、これは言い換えれば、「河野太郎は絶対に駄目だ」ということで、そのこと一点をもってしても、誰が自民党、日本を変えられる新しいタイプのリーダーか、明らかなんじゃないでしょうか。
世論の人気が高い2人からの支持を、河野氏本人はどう受け止めているのだろうか。
河野規制改革相:石破先生、いろんな思いがあっての決断だという風に思っております。1人でも多くの方々にご支援頂けるのはありがたい。
言うならば、世論の人気が高い、小泉、石破、河野3氏による“小石河(こいしかわ)連合”。
対する岸田氏は午後、農業関係者とリモートで対話し、“聞く力”をアピールした。
また、選挙対策本部を14日に立ち上げた高市氏は、15日もあいさつ回りを続け支持を訴えた。
そして、出馬に意欲を見せる野田幹事長代行は、推薦人20人の確保に向けて、最終調整に入っている。
自民党総裁選挙は9月17日告示、29日投開票だ。
(「イット!」9月15日放送より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする