ケンゾーの新デザイナーにNIGOさん

仏高級ファッショングループLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は15日、傘下の服飾ブランド「KENZO(ケンゾー)」のデザインなどを担当するアーティスティック・ディレクターに日本人デザイナーのNIGOさんが就くと発表した。
LVMHの公式サイトによると、NIGOさんは30日付で就任する。NIGOさんは人気ブランド「ア・ベイシング・エイプ」の創設者として知られる。妻は俳優の牧瀬里穂さん。
ケンゾーは、世界的ファッションデザイナー故高田賢三さんが1970年に立ち上げ、93年にLVMHに売却した。高田さんがブランドから退いた後は、さまざまなデザイナーがディレクターを務めてきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする