【待望の再販】「かじるバターアイス」とセブンのあのパンで作る”バターましまし小倉トースト風”が絶品!

2021年2月に発売するやいなやSNSで話題となった赤城乳業の「かじるバターアイス」。完売続出で、気になっていたけれど買い逃した……という方も多いのでは?

そんな「かじるバターアイス」、9月14日より数量限定で再販されます。やったー! 筆者も前回はコンビニを行脚したものの結局出会えずじまいだったので、これはとても嬉しいニュース! 早速近所のセブン-イレブンに行ったところ、販売されていました! 会いたかった!

そしてこの「かじるバターアイス」、ただ食べるだけでなく、パンに載せたりとアレンジレシピも盛り上がりを見せていました。今回もせっかく食べるならなにかアレンジしてみたい……と思っていたところに、丁度良い商品を見つけたのであわせてご報告します。
○やっと出会えた! 「かじるバターアイス」

バターのパッケージのような濃いめの黄色に、シンプルな牛のイラスト、そして「赤城乳業」のロゴがちょっとレトロさを感じる「かじるバターアイス」。右上には「北海道産発酵バター使用」と書かれています。

いよいよ待ち望んでいた「かじるバターアイス」とご対面。開けた瞬間から、バターの香りがふわっと広がります。

乳白色の色といい、四角い形といい、まさに見た目はバター。ひとくちかじると甘いミルクの味わい、後から濃厚なバターの香りとコク、そしてほのかな塩気を感じます。これはバター!

そして口当たりは、なめらかでもったり重め。欲張ってバターが溶け切らないほどパンに塗った時の、罪悪感をうっすら感じながらかじるバターの塊と同じ食感です。ただ食感は重めでも、後味はスッキリしているため油っこさはなく、美味しいアイスとして成立しています。

ちなみにこんなにバターらしいと、カロリーも気になるところ。本物のバターである「雪印北海道バター」の場合75gで約550kcalですが、ご安心ください、「かじるバターアイス」は1本140kcal。思う存分「バター気分」を味わえる、夢のようなアイスですね……。
○バターましまし小倉トースト!

そして「かじるバターアイス」を買ったら、もうひとつやってみたかったことが、アイスを使った「アレンジ」。せっかく手に入れたのだから、試してみたいもの。なんか良い商品はないかな~とセブン-イレブンの店内をウロウロしていたら、ありました!

「7プレミアム あんバターブレッド」(108円)! すでにバターが入っている商品なので、合わない訳がない組み合わせですが、「かじるバターアイス」でバターましましにしてやりましょう。

あんこがマーブル模様になっている「あんバターブレッド」を軽くトーストして、カットした「かじるバターアイス」をたっぷり乗せてみました。

「かじるバターアイス」は、パッケージにも「溶けやすい商品です」と書かれている通り、あつあつのトーストに乗せるとどんどんに溶けていきます。とろとろ!

あんこをわざわざ用意しなくても、乗せるだけでバターたっぷりの「小倉トースト」風のパンが完成。熱々で端がちょっとカリッとした「あんバターブレッド」に、ひんやりした「かじるバターアイス」の相性はもちろん抜群。そしてパンとアイス、両方とも少し塩気があるので、しょっぱ甘い味わいは飽きません。なお「あんバターブレッド」は1枚126kcalなので、「かじるバターアイス」を丸ごと乗せると合計266kcalです。

前回2月に販売した際は、あっという間に完売してしまった「かじるバターアイス」。今回も数量限定なので、バター好きの方は見かけたら迷わず購入することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする