レゴジャパン、任天堂と大人向けブロック発売 『スーパーマリオ64』の世界を表現

レゴジャパンは10月1日、任天堂とのコラボ商品「レゴ スーパーマリオ」シリーズから、大人向けの「レゴ スーパーマリオ64 ハテナブロック」を発売する。NINTENDO 64ソフト『スーパーマリオ64』の世界をレゴブロックで楽しめる商品として、スーパーマリオファンやNINTENDO 64世代に向け訴求する。

2020年に発表したレゴ スーパーマリオは、従来のレゴブロックをベースに、「レゴ マリオ」を動かしてコースを攻略しコインを収集するなど、ゲームの世界を体験できるシリーズ。レゴ マリオには、目、口、腹部に液晶ディスプレイを搭載し、動作や色、アクションブロックに対応してさまざまな表情や反応を見せるフィギュアとした。

今年7月には同シリーズから「レゴ ルイージとぼうけんのはじまり~スターターセット」を発売。他にも、「拡張セット」や「パワーアップ パック」を多数用意し、プレイヤーが好きなように拡張、再構築できるようにした。

新たに発売する「レゴ スーパーマリオ64 ハテナブロック」は、レンガ造りの大きな「ハテナブロック」が特徴。ブロックを開くと「ピーチ城」「ボムへいの せんじょう」「さむいさむい マウンテン」「ファイアバブル ランド」の4つのコースが現れるようにし、組み立てることでファンにとって懐かしのゲームシーンをほうふつとさせ、同ゲームの魅力を再発見できるセットとした。

4つのコースに加え、ファンの間で人気の高いマリオやピーチ姫などのフィギュアを含めた。別売りの「レゴ マリオ」や「レゴ ルイージ」のフィギュアとも連動可能で、同ゲームでおなじみの音楽や、コース内に隠されたパワースターを探すことで、フィギュアのシークレットリアクションを楽しめるように工夫した。

同商品の対象年齢は18歳以上で、希望小売価格はオープン。レゴ公式オンラインストアや全国のレゴブランドストアなどで販売する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする