なぜ? 横浜市バスの超黒字路線を相鉄バスへ移管 鶴ケ峰駅~くぬぎ台団地

市バスの優良“はぐれ路線”でした。
横浜市交通局と相鉄バスは2021年9月13日(月)、旭区と保土ヶ谷区を走る市営バス75系統(鶴ケ峰駅南口~くぬぎ台団地・介護施設くぬぎ台)について、10月1日(金)から相鉄バスの運行に変更すると発表しました。
なぜ? 横浜市バスの超黒字路線を相鉄バスへ移管 鶴ケ峰駅~く…の画像はこちら >>横浜市営バス(左)と相鉄バスのイメージ。75系統が市から相鉄へ移管(画像:乗りものニュース編集部/相模鉄道)。
同日からは、「旭75」系統として、相鉄バス旭営業所が運行を担当。区間やダイヤ、運賃の変更はありませんが、市営バスの定期券が利用できなくなります。
鶴ケ峰駅南口から、くぬぎ台団地に乗り入れる75系統は、全線でも2kmに満たない短距離路線ですが、高低差が激しいため利用者が多く、市バスでも有数の黒字路線(2019年度の営業係数51.4)となっています。1970年代の団地開設当初から市営バスが走っていました。
ただ、地域的には相鉄バスのエリアであり、市営バスの他路線とはつながっていない孤立路線でもあるうえ、鶴ケ峰駅南口~くぬぎ台団地入口間は相鉄バスの路線も並行しています。市交通局路計画課によると、「(車庫から)回送で現地まで走らせ、短い距離を往復していた」といい、新型コロナの影響を受けた市内のバス事業全体の効率化を図るうえで、相鉄バスへ移管することになったといいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする