サケ迎え、自然に感謝=アイヌ伝統儀式―札幌市〔地域〕

札幌市を流れる豊平川の河川敷で12日、川に戻ってきたサケを迎えるアイヌ民族の伝統的儀式「アシリチェプノミ」が行われた。参加者は伝統衣装を身に着け、雄と雌のサケを祭壇に供え、神々や自然に感謝の祈りをささげた。
アイヌ民族にとってサケは「カムイチェプ(神の魚)」と呼ばれる特別な存在。この儀式は明治時代以降、サケの全面禁漁に伴い消滅していたが、1982年に復活し、文化の継承や振興のため、観客を入れて行われてきた。40回目となった今年は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、関係者ら約50人に参加者を絞った。
実行委員会の島崎直美事務局長は「儀式はアイヌの生きる力になる。サケを通して、文化への理解を深めたい」と語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする