47%の高校生が「親などから、将来就きたい職業を否定された」 否定した理由は?

スクール事業を行うバンタン(東京都渋谷区)は、なりたい進路がある高校生を対象に「新型コロナウイルスの影響による将来の進路や就きたい職業の志望度の変化」に関する調査を実施した。就きたい職業について、「親や学校の先生、友人などから否定的なことを言われた経験がある」と回答した高校生は47.0%と、約2人に1人が該当することが分かった。

どんな言葉を言われたかについて尋ねた。1位は「安定した職業に就いてほしい」(42.0%)。次いで「(就きたい職業に)就けないのではないか」(29.4%)、「大学に行ってほしい」(22.4%)と続いた。将来を心配しての発言だったことが分かる。

言われたタイミングで最も多かったのは、「将来の夢(就きたい職業)を打ち明けたとき」(42.6%)、次いで「進路面談のとき」(32.7%)、「成績やテストが返ってきたとき」(25.5%)だった。

否定的なことを言われて「将来の目標」を変えたか?
否定的なことを言われても、将来の目標を変えなかった高校生は69.5%に上った。就きたい職業と異なる進路に進んだ割合は1割以下だった。

一方、否定的なことを言われたことで就きたい職業を変えた高校生は「後悔すると思う」(15.2%)、「たぶん後悔すると思う」(27.8%)と感じていることが分かった。

また、コロナ禍による生活変容を受けて就きたい職業への志望度は変化したか尋ねたところ、「変わらない」(61.9%)が半数以上を占めた。「志望する気持ちがやや高まった」(17.3%)、「志望する気持ちが高まった」(11.4%)を合わせると90.6%に上る。

今回の調査は、全国の高校2~3年生を対象にインターネットで実施した。期間は21年5月21~25日で有効回答数は1000人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする