”PTA廃止論“が噴出…教員は胸中複雑「いい面もある」が共働きには「すごい負担」

「PTA退会」に関する記事を13日にスポーツ報知ホームページで公開したところ、多くの反響の声が寄せられた。ネット上では「無駄な活動が多い」「PTAはなくていい」など”PTA廃止論“も盛り上がるなか、あらためて関係者に取材。PTAの存在について考えたい。
今回、小学校教員として30年近く教壇に立った60代の女性に話を聞いた。自身も2人の子どもがおり、親としてPTA役員になった経験もあるという。その上で、「PTA役員をやれば、親同士のつながりが多少はできるといういい面もある。しかし、共働き家庭が多いいまの世の中で、PTA活動はすごい負担だと思います。なかなか難しい問題ですね」と話す。夜、保護者の仕事の終わった後にPTAの会合があると、学校側の管理職も最後まで出席することは「当然」だという。集まる頻度はグループや役職によって異なるが、PTA活動の負担が大きい人もいることは確かだ。
PTAの活動は各学校によって異なるが、この女性の子どもの学校では1子につき2年に1度ほどの頻度で、役員がまわってきたという。当時は専業主婦家庭が多く、教員として働く女性はベルマーク係を務めた。「月に1度、子どもが学校からベルマークを大量に持ち帰り、家で夜な夜な作業していました。昼間に集まっているグループもありましたが、それには参加できないので夜や休日の集まりだけ参加していました」と振り返る。
PTAの上の役職ともなれば仕事量は多く、頻繁に学校に来ることになる。子どもたちのため、熱心に活動している役員もいる。このような役員の存在に対し、女性は「教員の立場からしても、親の立場からしても、上の役員をやってくれる方の存在は非常にありがたいし頭が下がる」と話す。
ネット上の”PTA廃止論“に対し、この女性は「難しい問題。子どもたちのためにやりがいをもってやっている人もいるし、やりたがらない人もいる。一概には言えない。みんなが納得ということはないだろうけれど、もっと模索していい活動を残してほしい」と願いを込めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする