お目当ての商品をポチろうとしたら… 「詰みゲー」すぎる警告文に衝撃走る

ECサイト等を利用する上で、避けては通れないのが個人情報の入力フォーマット。入力自体はそう手間ではないのだが、現在ツイッター上では、ある一部の人々にとって「ハードモードすぎる」フォーマットが話題となっているのだ。
注目を集めているのは、「AtCoder(株)」代表取締役社長・高橋直大氏が12日に投稿した一件のツイート。
投稿には個人情報入力フォーマットの「住所」の入力スペースが写った写真が添えられており、高橋氏は本文にて「そんなこと言われても…」と、戸惑いの言葉をつづっている。
一体何に戸惑っているのか…と思わず首を傾げてしまったものの、フォーマットに現れた注意文を見て、即座に納得。高橋氏は「市区町村」の入力欄に「北区」と入力したのだが、サイト上には「市区町村名は3~20文字である必要があります」と、無慈悲すぎる警告文が表示されていたのだ。
そんなこといわれても…… pic.twitter.com/vMksZDyPEY
chokudai(高橋 直大) (@chokudai) September 12, 2021
あまりに衝撃的な絵面は大勢のユーザーに衝撃を与えており、件のツイートは投稿からわずか2日足らずで1万件以上ものRTを記録。
お目当ての商品をポチろうとしたら… 「詰みゲー」すぎる警告文…の画像はこちら >>
また「市区町村名は3~20文字」という字数制限に対しては、「港区もアウトじゃないですか…」「『キタ区』表記ならいけるのでは?」「2文字の市区町村民には人権がないのか…?」など、驚きの声が続出する事態に。
東京23区の北区、港区の他には、埼玉県の「蕨市」や千葉県の「柏市」「旭市」、三重県の「津市」などの市が文字数不足となるが、探せばまだまだ2文字の市区町村は見つかりそうである。
話題のツイート投稿主である高橋氏に詳しい話を聞いてみると、こちらの入力フォーマットは健康管理トラッカー「Fitbit Charge 5」の予約時に利用した購入サイトで表示されたものだという。
フォーマットの詳細については、「正確には覚えていないのですが、住所・郵便番号・市区町村・都道府県・国を入力するといった形式で、海外の入力フォームをそのまま和訳した感じでした」という回答が。
果たして高橋氏は、どのように入力してピンチを乗り切ったのか…。
指定の入力情報は「市区町村」なので、どんなに頑張っても2文字の「北区」が最適解となるはずなのだが、高橋氏は「北区◯◯」といった具合に、町名を書いて字数を増やして対応することに。
予約は無事に完了したものの、実際に現物が届いているワケではないため「問題なかったは不明です」と振り返る高橋氏だが、「心配はしてないです」と笑顔も見せてくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする