関西 台風14号や前線の影響で18日(土)まで雨が続く

関西 台風14号や前線の影響で18日(土)まで雨が続くの画像はこちら >>
関西では、18日(土)まで台風14号周辺の湿った空気や前線の影響で雨が降る見込みです。気温も平年より低い日が多いでしょう。
きょう14日(火)は、しとしと雨でひんやり

雲画像では、東シナ海で大きく渦を巻く台風14号の雲と、東日本にかけて広がる前線や湿った空気に伴う雲が見られます。きょう14日(火)の関西は、この前線に伴う雲の影響で、しとしと雨が続くでしょう。正午までの気温は、20度を少し上回るくらいで、午後もほとんど上がらない見込みです。平年より大幅に低くなり、日中はひんやりと感じられそうです。
台風14号 関西への接近は17日(金)か

台風14号は、14日(火)9時には東シナ海にあり、ほとんど停滞しています。関西では、前線の影響を受けてしばらく雨が続くでしょう。台風は、17日(金)から進路を東寄りに変え、18日(土)にかけて西日本や東日本付近を東進し、温帯低気圧に変わる見込みです。関西に近づくころには速度を上げるため、台風の影響が急に出てくる恐れもあります。まだ予報円が大きいため、今後も最新の台風情報を確認するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする