顔認証で鉄道・バスに乗車 山万ユーカリが丘線などで実証実験

千葉県佐倉市ユーカリが丘を開発する山万(東京都中央区)と、パナソニック コネクティッドソリューションズ社(以下、CNS)、ジョルダンは9月15日、新交通システム山万ユーカリが丘線とコミュニティバスで顔認証乗車システムを活用した実証実験を開始する。

実証実験では、パナソニックが提供する顔認証技術とジョルダンが提供する決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を活用。非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を実施し、シームレスな乗車を利用者の“顔”で実現できるようにする。

駅の改札には、CNSが開発した顔認証ポールを設置。通行者の本人確認を行い、ジョルダンの決済・チケット管理システムで通行を管理する。

3社はすでに2021年5月からバスでの実証実験を開始している。新たに鉄道でのサービスを追加することで、複数の交通機関の連携を通じて、利用者のニーズに対応した効率的で良好な交通環境「マルチモーダル交通体系」の提供を進めるとしている。

対象路線は、ユーカリが丘コミュニティバス1系統/2系統/3系統/101系統/102・103系統と、山万ユーカリが丘線全駅(6駅)で、期間は21年9月15日~22年1月31日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする