きたぞ「カローラクロス」日本独自顔で登場! C-HRとRAV4の中間サイズSUVに

“ちょうどいい感”こそカローラなのだ!
トヨタは2021年9月14日(火)、新型SUV「カローラクロス」を日本で発売しました。
きたぞ「カローラクロス」日本独自顔で登場! C-HRとRAV…の画像はこちら >>カローラクロス(画像:トヨタ)。
現行カローラのSUV版。2020年7月にタイで初公開され、2021年7月には北米でも発表されていたことから、満を持しての日本発売となりました。フロントマスクはタイや北米モデルと異なり、「C」マークがあしらわれた日本独自のものになっています。
ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmで、全幅はセダンやツーリングよりもやや幅広に。トヨタのSUVとしては「C-HR」と「RAV4」の中間サイズといえます。
これまでのカローラにはない、視界の高さや頭上空間のゆとりをトヨタは強調。ラゲッジ容量は5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを有し、後席を倒せばロードバイクも載せられるそうです。
そのほか、リアシートにもリクライニング機能が設けられているほか、電動ロールシェードで日差しのコントロールもできるサンルーフも設定されています。
走りも磨かれています。エンジンはハイブリッド・ガソリンともに1.8Lで、特にハイブリッドでは26.2km/Lとクラストップレベルの燃費を実現。リヤサスペンションには2WD車に新開発のトーションビーム式を採用しているほか、取り回し性能の目安となる最小回転半径は、コンパクトSUVで最小レベルの5.2mを実現しているとのこと。
また安全装備では、最新のToyota Safety Senseを全車標準で、パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターは一部グレードを除いて標準装備しています。
価格(税込)はガソリン車で199万9000円から、ハイブリッドは259万円からです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする