日産、「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表

日産自動車は9月14日、スポーツカー「GT-R」2022年モデルを発表した。価格は1082万円からで、10月下旬より販売予定。また、特別仕様車「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」「NISSAN GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」も発表。販売台数は100台限定(抽選)だという。

同社は「NISSAN GT-R」について、「『良いモノをより良くする』という、どこまでも理想を求めて深化を続ける日産の想いを体現したモデル」と説明する。

「T-spec」は「時代を導くという哲学」であり、GT-Rの在り方や、その時代をけん引する車であり続ける願いを表現した「Trend Maker」と、「しっかりと地面を捉え駆動する車両」という開発におけるハードウェアへの考えを表した「Traction Master」から名づけた。

「T-spec」の両モデルには、専用カーボンセラミックブレーキ、カーボン製リヤスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッヂ(フロント・リヤ)を特別装備させた。

「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」には、専用の内装コーディネーションを施したほか、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用。バネ下質量の軽量化を生かして、サスペンションを専用にセッティングしたことで、ホイールリム幅拡大によるタイヤの高剛性化と相まって、軽快でスムースなハンドリングを実現した。

また、走りのパフォーマンスを追求した「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」には、専用カーボン製ルーフ、カーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備した。カーボン製パーツの採用により、さらなる軽量化を実現した。

「T-spec」は、両モデルあわせて100台限定の抽選販売となる。申込期間は、9月15~29日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする