千葉・ユーカリが丘線にハイテク「顔認証改札」導入 顔パスで利用可能、9月15日から実証実験

千葉県・ユーカリが丘ニュータウン(千葉県佐倉市)の鉄道路線「山万ユーカリが丘線」とコミュニティーバスが「顔認証乗車システム」を試験導入。2021年9月15日から実証実験を開始します。

山万ユーカリが丘線は、周辺エリアを開発した不動産会社の山万が自ら運行する、地域の新交通システムです。街をぐるりと回るループ状の路線を「こあら1号」などのレトロかわいい車両が走ること、「公園駅」「女子大駅」「中学校駅」などそのものズバリな珍名の駅があることで知られますが、2021年現在、SuicaやPASMOなど交通系ICでの乗車には対応していません。

車両には冷房装置がなく、代わりに車内のクーラーボックスで冷たいおしぼりを提供するといったほのぼのサービスも魅力です。ゴムタイヤ式の車両ですが、鉄道事業法上は鉄道に分類されています。

実証実験は、路線を管理する山万およびパナソニックとジョルダンの3社が連携して実施。パナソニックの顔認証技術とジョルダンの決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用い、非接触、非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理の仕組みを実現します。

ユーカリが丘線の駅には、鉄道改札機として業界初とする、パナソニック開発のフラッパーレス/ポール型「顔認証ポール」を各駅の改札に設置します。

山万は、同エリアを走るコミュニティーバスにおける顔認証乗車システム実証実験を2021年5月に開始。今回、鉄道とも連携し、鉄道もバスもシームレスに「顔パス」で乗れるようにするマルチモーダル交通体系を目指します。

実験期間は2021年9月15日~2022年1月31日予定。対象路線は山万ユーカリが丘線全駅(6駅)、ユーカリが丘コミュニティーバス1系統/2系統/3系統/101系統/102・103系統。対象券種は普通乗車券と定期券。約100人のモニターを募ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする