台風14号 列島の広範囲で荒れた天気 最接近はいつ

台風14号 列島の広範囲で荒れた天気 最接近はいつの画像はこちら >>
台風14号は、西日本には17日(金)頃、東日本・北日本は18日(土)頃に最も接近する見込みで、九州から北海道にかけての広範囲で荒れた天気に注意が必要です。
西日本は17日(金)頃に最接近
現在、東シナ海でほとんど停滞している台風14号は、16日(木)の午後から次第に東寄りへ進み、西日本には17日(金)頃に最も接近する見込みです。西日本では台風の接近前から雨が降っていて、九州南部では24時間雨量がすでに300ミリを超えている所もあります。今後も雨量が増え続けるため、台風本体の雨雲がかからなくても、土砂災害などに注意が必要です。また、17日(金)頃は、広い範囲で風も強まり、荒れた天気になる見込みです。最新の台風情報や交通情報もご確認ください。
東日本・北日本は18日(土)頃に最接近
東海から北海道に最も接近する頃には、性質が変わり、温帯低気圧になる頃ですが、強風の範囲が広がる可能性があります。18日(土)頃は、沿岸部を中心に雨や風が強まり、荒れた天気になる見込みですので、今後の情報にご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする