【速報】東京都“宿泊療養”で初の死者 「ふらつきが…」60代男性死亡

都内の宿泊療養施設で、初めての死者。
死亡したのは、新型コロナウイルスに感染し、13日夕方、都内の宿泊療養施設に入所した60代の男性。
男性は13日、宿泊療養施設に入った際、熱は36.5度で、倦怠(けんたい)感があった。
14日午前7時前、男性から「ふらつきがあって、お弁当を取りに来られない」と連絡が入り、入院調整をすることになった。
その後、午後0時35分に男性が部屋で心肺停止状態で発見され、救急搬送されたが、死亡が確認された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする