二階氏“脱派閥の投票でいい” 若手議員の総裁選申し入れに

自民党の総裁選をめぐり、議員個人の判断での投票を訴える若手議員らと面会した二階幹事長は、「それでいい」と応じた。
自民党・福田達夫議員「ぜひ『派閥一任』等ではなく、自分の判断で投票できるような環境をつくってほしいということを申し上げた。(二階幹事長からは)『まったくそれでいいんじゃないか』というような感じ」
二階幹事長に対し党改革を訴える若手議員らは、総裁選について、派閥ではなく、議員個人の判断による投票を求めていることを伝えたところ、二階氏は「まったくそれでいい」と、受け入れる考えを示したという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする