受験生へのワクチン接種配慮を=自治体・大学に要請―文科省

文部科学省は14日、新型コロナウイルスのワクチンについて、受験を控えた中学3年生や高校3年生が早期に接種できるよう、配慮を求める通知を全国の自治体に出した。大学側に対しても、会場の提供や人材確保などで協力を求めた。
萩生田光一文科相は同日の閣議後記者会見で「各地域のワクチン接種の進捗(しんちょく)状況に応じて、希望する受験生が速やかに接種を受けられるよう、入試の時期も踏まえつつ、特段の配慮をお願いしたい」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする