「頭部を殴れば殺してしまうかも」…79歳女性をハンマーで殺害した長崎大学の学生を逮捕

9月10日、佐賀県鳥栖市の住宅に響き渡った女性の悲鳴。大塚千種さん(79)は親類の家で除草作業をしていたところ鈍器で頭を複数回殴られ、殺害された。
そして事件から4日が経った9月14日に佐賀県警は長崎大学薬学部4年生の山口鴻志容疑者(25)を殺人の疑いで逮捕した。
山口容疑者は9月13日午後1時ごろ、大分市の大分中央警察署を訪れ自首した。犯行について「鳥栖市内の一軒家の民家の庭で高齢の女性の頭部をハンマーで複数回殴った。僕が殴った高齢の女性は死んだかもしれないのでとんでもないことをしてしまった」と供述している。
山口容疑者が身につけていたリュックの中からはハンマーが見つかったという。
大分県で自首したことについて山口容疑者は「大分には縁もゆかりもなくJRで来た」などと話しているという。
山口容疑者の通う長崎大学内には衝撃が広がっている。人柄について聞いてみると…大学の同級生:爽やかな人で別にそういうことはしそうにない人だなと思います
調べに対し山口容疑者は「ハンマーで頭部を殴れば殺してしまうかもしれないと思っていましたが確定的な殺意まではありませんでした」と供述し、容疑を一部否認している。
警察は山口容疑者と被害者の関係や犯行に至った経緯などを調べている。
(イット! 9月14日放送より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする