首都圏など「緊急事態」延長 「まん延防止」解除で酒OKのところも

19の都道府県では、13日から30日まで緊急事態宣言が延長された。
延長となった大阪では「(宣言を延長しても)人混みも増えていて、あまり意味ないと思う」、「(延長は)仕方がないかなと諦めではあるんですけど、耐える時期かなと」などの声が聞かれた。
一方、宣言解除が決まり、まん延防止等重点措置に移行した宮城県では、販売が延期されていた飲食店などで使える商品券が、13日から販売開始となり、多くの人が列をなした。
街の人は「これを機会に、船に乗ったり、少し地元に貢献できればと思う」、「お得なクーポン券をいただけたので、いっぱい使いたいと思う」などと話した。
一方、重点措置が解除された高知県では、休館していた「ひろめ市場」が営業再開。午後7時まで酒の提供が可能になった。
営業開始とともに観光客などが訪れ、料理やお酒を楽しむ姿が見られるなど、徐々に活気を取り戻しつつある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする