桜井さん「ほっとした」=布川事件、賠償確定

茨城県利根町布川で1967年、大工の男性が殺害された「布川事件」をめぐり、再審無罪が確定した桜井昌司さん(74)に対し、国と県が計約7400万円を支払うよう命じた東京高裁判決が確定したことを受け、桜井さんは13日、東京都内で記者会見した。「正直ほっとしている。やっと重荷を下ろすことができたという気持ちだ」と語った。
桜井さんは「冤罪(えんざい)によって獄中で苦しんでいる仲間はたくさんいる」と強調。冤罪を防ぐための法制度を目指して今後も活動するとした上で、「警察と検察は間違っても責任を取らない」と強く批判した。
東京高裁は8月27日、検察官と県警警察官による取り調べの違法性を認定し、国と県に賠償を命令。10日が上告期限だったが、国と県は上告せず、判決は確定した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする