群馬県の新防災ヘリAW139運用スタート 愛称「はるな」を継承

2代目「はるな」の運航が始まりました。
群馬県は2021年9月8日(水)、新たに導入した消防防災ヘリコプター「はるな」の就航式を、前橋市にある群馬県防災航空センターで行いました。
群馬県は2018年8月10日に起きた先代「はるな」の墜落事故により、防災ヘリコプターの運航を停止していました。その後、安全管理体制を強化するとともに、ヘリを実際に運用する県防災航空隊の組織を再編し、群馬ヘリポート内に「群馬県防災航空センター」を新設することで、新型機の導入と運航再開を迎えています。
群馬県の新防災ヘリAW139運用スタート 愛称「はるな」を継…の画像はこちら >>2021年9月8日に行われた群馬県防災ヘリコプター「はるな」の就航式(画像:群馬県)。
新しく導入されたのはイタリアの航空機メーカー、レオナルド製のAW139で、愛称は初代と同じく「はるな」と命名されています。事故の教訓から、自動操縦装置(オートホバリングシステム)や空中衝突防止警報装置、対地接近警報装置、フライトレコーダーなどを搭載し、安全性を強化したのが特徴とのこと。
なお、AW139は海上保安庁や全国の警察、国土交通省などで導入運用されているほか、自治体の消防防災ヘリコプターとしても多数採用されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする