台風14号、中国大陸沖に=17日に対馬近海か―気象庁

強い台風14号は13日午後、東シナ海を北上して中国大陸沖に進んだ。気象庁によると、16日までほぼ停滞した後、17日に対馬近海に向かう恐れがある。勢力は弱まって、18日には温帯低気圧に変わる見込み。
14号や前線の影響で、九州北部では突風や落雷に注意が必要。長崎県では大雨になる可能性があり、14日午後6時までの24時間雨量は180ミリと予想される。
14号は12日正午ごろに台湾と与那国島の間を非常に強い勢力で通過し、先島諸島では風雨が強まった。
14号は13日午後3時、東シナ海を時速30キロで北へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートル。半径75キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側500キロ以内と西側330キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする