コインランドリーで衣類物色 経営者自ら張り込み…逮捕までの一部始終

事件が起きたのは、栃木市内にあるコインランドリー。
他人の衣類を物色していた男が、窃盗未遂の容疑で現行犯逮捕された。
その犯行の一部始終を、防犯カメラがとらえていた。
10日午後8時半ごろ、現れたのは、黒いマスクをした男。
乾燥機のドアを開け手を中に入れると、品定めをするかのように、衣類を物色し始める。
この行動を見るかぎり、自身の洗濯物を取りに来た客には到底思えない。
そして、衣類を物色すること、およそ50秒。男は、乾燥機のドアを閉めた。
すると今度は、別の乾燥機のドアを開け、再び中にある衣類を物色し始める。
周囲が気になるのか、時折、後ろを振り向くしぐさも見られた。
実は、このコインランドリーでは、この2日前、衣類が盗まれる事件が発生。
そこで経営者の男性は、犯人を捕まえるべく、幾重にも網を仕掛けた。
コインランドリーを経営する男性「10日の午前中に、刑事さんから、2日前にここで衣類がなくなったという被害報告があったと聞いて、防犯カメラを増設しようと、10日の夜8時すぎに取りつけた」
仕掛けは、カメラだけではない。
コインランドリーを経営する男性「あえて、うちの洗濯物を入れて」、「(私物と奥さんの洗濯物を?)うちの家族のものを(乾燥機に)入れました」
さらに、犯行の瞬間を押さえるため、経営者自ら張り込んだ。
こうした備えを講じ、防犯カメラの録画を始めてから、わずか10分後に男が現れた。
経営者の動画には、撮影しながら、警察に通報するやり取りも記録されていた。

コインランドリーに侵入しておよそ5分、自動ドアから男が外へ。
しかし、警察はまだいなかった。
男を逃がしてなるものかと、経営者の男性は急いで駆け寄り、声をかける。
経営者「なにしに来たか教えて?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする