【速報】藤井聡太二冠 最年少で三冠達成 叡王戦で勝利 19歳1カ月

藤井聡太二冠が、史上最年少で、将棋のタイトル三冠獲得を達成した。
叡王戦五番勝負で、藤井聡太二冠は、これまで苦手にしていた豊島竜王を相手に2勝2敗の五分の戦いで、勝負はフルセット最終局にもつれ込んでいた。
これまでの4局は、いずれも先手番が勝利していることから、最終局は、どちらが先手番を握るのか大きな注目を集めていたが、振り駒は、と金が3枚出て、藤井二冠の先手に決まった。
先手番の藤井二冠が選んだ戦型は、相掛かり。
積極的に戦いを進められることから、藤井二冠が最近よく採用している。
序盤から一進一退の見応えある攻防が続き、中盤の難所では長考が続いたが、13日午後、豊島竜王が投了。
藤井二冠が、3勝2敗でタイトルを奪還した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする