DNAデータの削除求め提訴 容疑解消後の保管は「違憲」

窃盗容疑で警視庁の捜査を受けた際にDNA型鑑定をされ、疑いが晴れた後もデータを保管され続けるのは「法… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする