追突された車の運転手が死亡…名神で大型トレーラーが突っ込み計4台絡む玉突き事故に 工事で車線規制中

13日午後、愛知県一宮市の名神高速で大型トラックなど4台が絡む多重事故があり、追突されたトラックを運転していた会社員の男性が死亡しました。

警察によりますと、13日午後2時半ごろ、一宮市の名神高速上り線・一宮JCT付近で大型トレーラーが前を走っていたトラックに追突し、その弾みで合わせて4台が絡む玉突き事故になりました。

この事故で、追突されたトラックを運転していた一宮市の会社員・野田貢さん(40)が病院に搬送されましたが、その後死亡しました。

警察は、最初に追突した大型トレーラーの運転手・中嶋章一容疑者(39)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

現場付近では工事のため走行が1車線に規制されていて、中嶋容疑者は調べに対し「工事現場の方を脇見して追突してしまった」などと供述しているということです。

警察は今後、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の経緯などを詳しく調べる方針です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする