紛失の住民名簿発見=大阪府警

大阪府警中堺署は13日、地域課の男性巡査(21)が紛失した465人分の個人情報が記載された名簿を発見したと発表した。
同署によると、名簿が見つかったのは堺市中区内にある中学校正門前の路上で、巡査の移動経路上だった。同校の男性教諭(28)が、巡査の名簿紛失直後とみられる12日午後3時ごろに発見したが、同僚の落とし物と思い、いったん持ち帰っていた。13日夕に校内で同僚らに問い合わせた際、同署で紛失した名簿と気付いたという。
学校からの連絡を受け、同署員が同校を訪れ名簿を回収した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする